エブリィフレシャスのtallとminiの6つの違い!選ぶならどっち?

エブリィフレシャスのtallとminiの6つの違い 導入前の予備知識

水道水を浄水するタイプのウォーターサーバー「エブリィフレシャス」。

tallとminiの2タイプあるんですが、その違いは6つあります。

表を使って6つの違いをわかりやすく掲載し、どっちがおすすめか?についてもお伝えしていきましょう。

エブリィフレシャスのtallとminiを表を使って比較!

tall mini
外観 エブリィフレシャスtall エブリィフレシャスmini
タイプ スタンド型 卓上型
貯水タンク容量 5.7L 3.3L
常温水
高温水
冷温水
ECO冷温水
電気代 約360円/月〜 約410円/月〜
トレイの大きさ ワイド 通常
本体サイズ 高さ:112.5cm
幅:29.0cm
奥行:36.3cm
高さ:47.0cm
幅:25.0cm
奥行:29.5cm
除去物質数 23種類 23種類
SLEEP機能
チャイルドロック
カラー 白/黒 白/黒
料金 3,300円/月額 3,300円/月額

tallとminiの違いは5つ

  • 貯水タンクの容量
  • 常温水が出るかどうか
  • 高温水が出るかどうか
  • 電気代
  • トレイの大きさ
  • 本体のサイズ

1つずつ違いについて説明していきましょう。

違い①:貯水タンクの容量

tallの貯水タンク

  • tall:5.7L
  • mini:3.3L

貯水タンクの容量が多いと、水道水を補充する手間が減ります。

なので、貯水タンクの容量が多いほうが便利。

ただ、1日で5.7Lの水を使い切らない生活スタイルなら、miniの貯水タンク容量で十分です。

水道水は消毒してあるので常温で3日くらい持ちますが、早めに使い切ったほうが衛生的でありますので。

違い②:常温水が出るかどうか

tallの常温水ボタン

  • tall:常温水が出る
  • mini:常温水が出ない

tallは、常温の水が出せます。

お米を炊く用の水や料理に使う水などは常温でよいので、常温水が出るほうが都合がよいです。

違い③:高温水が出るかどうか

tallの高温水ボタン

  • tall:高温水が出る
  • mini:高温水が出ない

tallは、再加熱機能によって高温のお湯が出せます。

高温水の温度は、85℃〜95℃
温水の温度は、80℃〜85℃

miniの温水でも十分に熱いお湯が出て、コーヒーやカップラーメンも普通に作れます。

実際私はminiを使っていますが、お湯に関して不満に感じたことはありません。

違い④:電気代

電源プラグ

  • tall:約360円/月〜
  • mini:約410円/月〜

tallのほうが、若干電気代が安く済みます。

とは言っても、大きな差ではありません。

違い⑤:トレイの大きさ

tallのトレイ

  • tall:トレイの幅が29cm
  • mini:トレイの幅が25cm

tallのほうが、トレイの幅が広いです。

鍋をトレイに置ける分、便利と言えば便利。

ただ、鍋の取っ手を持っていれば済む話なので、ワイドじゃなくてもそれほど不便さは感じないと思います。

違い⑥:本体サイズ

tall

tallの本体サイズ

mini

miniの本体サイズ

tallのほうが、高さ・幅・奥行があります。

ただし、大きければ良いってもんじゃありません。

貯水タンクに水道水を入れる作業があるので、水道の蛇口に近い場所にサーバー本体を置けるスペースがあるか?を考えましょう。

tallがおすすめの人

  • 水道の蛇口付近にtallを置けるスペースがある
  • 85〜95℃の高温水を使いたい
  • 常温水を使いたい

miniがおすすめの人

  • 水道の蛇口付近にtallを置けるスペースがない
  • 温水は80〜85℃で十分
  • 常温水はとくに必要ない

設置場所が確保できるなら、tallがおすすめ!

エブリィフレシャスtall

tallのほうが、機能的には優れています。

水道の蛇口から水を運べる距離にtallを置けるスペースがあるなら、tallがおすすめです。



コメント

タイトルとURLをコピーしました